オーガニック・無添加・食品のお店

慈しみの心

毎朝、新聞を読むのが好きな私なのですが

数か月前から、楽しみにしている欄があります。

それは、1面に載っている【慈しみの心】です。

特に、心に残った記事があります。

「人はもとより一死あり、

あるいは太山より重く あるいは鴻毛より軽し。

用の趨(おもむ)くところ異なればなり。」

意味は、

「人はだれでも死を避けることはできないが、

その死に方には違いがある。

虫けらのように殺され、棄てられるように死ぬ人もあれば、

多くの人に惜しまれ、悲しまれて死ぬ人もいる。

山の重みのような死もあれば、鳥の毛のように軽く死んでゆく人もいる。」

よく、父親が私に話してくれました。

【良い人生だったのか、悪い人生だったのかは

自分で知ることはできないよ。

亡くなって初めて、その人のどんな人生だったのか分かるんだよ。】

その言葉をふと思い出させてくれた、ページでした。

この記事に関連するかもしれない記事