オーガニック・無添加・食品のお店

オススメの本

お盆休みに本を読みました。

「秋川辰一郎著 体質と食物」

数年前、マクロビを習った先生に勧められ

いつか読もう、いつか読もうと思っていた一冊です。

慌ただしい毎日で、なかなかじっくり読書なんてと思っていましたが

60ページほどしかなく読みやすい本でした。

幼少のころから多病虚弱であった秋月氏は、

自ら克服したいと念願して医学を志しました。

医学を学んでいくに従って、現代行われている治療医学が

【原因療法】ではなく【結果療法】だと悟ります。

病気にかからなくてもすむ身体や、病気にかかっても軽くて治る身体になることこそが大事であり、

人間の【体質】を作り変える事こそが医学の本来の姿であると唱えました。

では、【体質】を変えるにはどうすればいいのか?

秋月医師は、原爆症にならずなぜ長崎の原爆後生き抜いてこれたのか?

日本人にとって、何が大事であるか?

そして、味噌のすばらしさを教えてくれる本でした。

これを読んだ後、無性にわかめと薄揚げの味噌汁が食べたくなりました。

やっぱり味噌って凄い!!

ちなみにネットでも販売しております。

よろしければ、ぜひ♪

https://marukawamiso.com/item/book-taishitu.html

この記事に関連するかもしれない記事